あなたは「天気が悪くなると調子が悪くなる」を経験したことはありませんか?

こんにちは、鈴木です。
今回は気象病についてお話させていただきます。

気象病は台風や梅雨などの雨の日や気温、気圧、湿度などの気候の変化の影響により引き起こされる身体の不調の総称です。
症状には痛み・めまい・喘息・むくみ・低血圧などさまざまなものが見られます。

昔から「古傷が痛むと雨が降る」などの言い伝えがあり、天気と体の関係が知られていました。
しかし今まではその関係の仕組みが明かでなかったために「気のせいだ」と言われてきたのも事実で、周囲の理解を得られずに辛い思いをしてきた方は多いのではないでしょうか。

そんな気象病の原因ですが、気圧が大きく関係しているといわれています。
体は気圧が低下するとストレスを感じます。それに抵抗しようと脳に信号を適度に伝え自律神経系を活発化させ、体をコントロールしています。
しかし気象病を持つ人は何らかの原因で気圧の変化に敏感なため、少しの変化でも過剰に脳に伝わってしまいます。その結果自律神経系が活発になりすぎてしまい、痛みやだるさ、眠気などの不調が出てしまうのです。

ではどうすれば防げるのか?

簡単にできる方法としては、耳を温めるのが良いといわれています。
先ほど気圧が関係するとお話ししましたが、この気圧を感じる場所は耳の中にある内耳と呼ばれるところなのです。
耳の周りやそれに近い首周りなどの血流を良くしてあげることで、症状の軽減や予防にも良いそうです。

また日頃から自律神経系のバランスを整える生活を心掛けることも重要です。具体的には、
・適度な運動をして意識して汗をかく事
・朝食を毎日食べる事
・起床時刻をなるべく毎日同じにする事
・湯船にゆっくりつかる事
などが大切です。

「なかなか自分ではどうしようもできない…」「どうしたらいいかわからない…」という方は是非当院にご相談ください。
あなたに合う治療ポイントを見つけ、症状の改善のお手伝いを致します!

全身に刺激を入れてあげることでも自律神経のバランスが整えられますので効果的です。