東京都江東区、東砂、接骨、鍼灸、整体、あん摩マッサージ・指圧・スポーツ障害・交通事故によるむちうちの治療ならわかば整骨院

交通事故外来

  • HOME »
  • 交通事故外来

交通事故外来

わかば整骨院の交通事故外来

わかば整骨院の交通事故外来

交通事故の後遺症で受ける衝撃というものは自分自身が思っている以上に大きいものです。
一旦慢性化すると治療も困難になる為早めの治療が重要になります。
交通事故で来院される方には、レントゲンで診ても何も異常は見られないが、ご本人はとてもお辛い症状を抱えられているというケースを多く見受けます。
そのような方は病院でも痛みの原因がわからず、痛み止めや湿布などの対処療法的な処置しか施せず、症状が長引いてしまうことがあります。
交通事故での身体の不調は、なかなか周囲の人に理解してもらえないことが多く、精神的にもお辛いことと存じます。
私たちの特徴は手による“触れるレントゲン”で痛みの原因を見つけて、MPF療法(筋肉リハビリ)や東洋医学的なアプローチで根本改善を目指している所です!
何でもお気軽にご相談くださいませ!

もし交通事故にあったらどうすればいいの?

  1. 安全な場所に車を止める。

  2. 相手がいる場合は怪我がないか確かめる

    怪我がある場合はすぐに119番!

  3. 110番する

    必ず警察を呼び当事者同士での現場での口約束や示談はしない。
    痛みがある場合などは、その旨を警察に伝え人身事故扱いとする

  4. 保険会社に下記のことを連絡する。

    ①事故の日時、場所  ②相手の住所、氏名、電話番号、車名、ナンバーなど
    ③事故の状況  ④届出警察署

  5. 痛みがある場合や後から痛みが出た場合などは保険会社に治療を受けたい旨の連絡を入れる。
    治療する医療機関が決まり次第再度保険会社へ連絡。

    ※整骨院では交通事故での(自賠責保険・任意保険)による施術が行えます→ご本人の負担額0円。
    ※整骨院では診断証明書が発行でき、それにより人身事故扱いとなります。(受け入れない警察もあり)
    ※最初に整形外科などの病院に行って診察を受けていても、整骨院に変更することは可能ですし、医師からの許可があれば、両方に通院することも可能です。
    (但し同日に両方通院は不可)
    ※他院に通院中の方でなかなか症状が改善されない場合は、当院での施術をお勧めいたします。

交通事故で怪我した場合どこで治す?

皆さんが不幸にも交通事故で負傷してしまった場合、どのような医療機関にかかりますか?

  • 病院に行く
  • 整骨院に行く
  • どこに行ったらよいかわからない

長い人生の中でもそう頻繁に交通事故に遭うことは少ないと思いますので、先ずはの病院に行くという方、もしくはのどこに行ったらいいのかわからないという方が多いと思います。

当日は興奮状態にありご自身ではあまり症状がないと感じていても、後から痛みなどの症状を呈するケースが多く見られますので、頭を打った方などは一度の病院でCTやMRIなどの精密検査を受けられた方が良いと思います。

の整骨院に行くと選択された方は、以前にも交通事故に遭われ整骨院にて治された方や普段わかば整骨院での施術を利用されており、当院での施術の良さをご理解いただいている方だと思います。

交通事故診療の流れ

電話

電話
先ず相手先の保険会社の担当の方に、「わかば整骨院」へ通院する旨の連絡を入れてください。

来院

来院
受付時間内であればいついらしていただいても大丈夫です。念のため初めてご来院の前のみご一報いただけると受付がスムーズです。

チェック

事故状況確認や問診及び状態のチェック。

手技療法

手技療法
わかば整骨院独自のMPF療法を行っていきます。

説明

患者様の状態や症状についてご説明いたします。

施術後

施術後
施術を行いながら患者様の様子を伺っていきます。

経過観察

経過観察
その後当院と保険会社の担当の方とで連絡を取り合い経過報告をしながら施術を継続していきます。

わかば整骨院での施術の良さとは?

★人の手によって丁寧に行うMPF療法(筋肉リハビリ)やストレッチなどのきめ細かい施術が受けられます。
  →事前に保険会社への了解をとっていれば、鍼灸などの施術もあわせて受けられます。
★わかば整骨院では交通事故施術を受けるにあたり特にご予約は必要ではありませんので、お時間の合うときにこまめにケアすることができます。
★夜8:00まで受付けておりますので、お仕事の帰りでも施術が受けられます。

交通事故で来院される方には、レントゲンで見ても何も異常は見られないが、ご本人はとてもお辛い症状をかかえられているというケースを多く見受けます。
そのような方は病院でも痛みの原因が分からず、痛み止めや湿布などの対処療法的な処置しか施せず、症状が長引いてしまう事があります。

交通事故での身体の不調は、なかなか周囲の人に理解してもらえない事が多く精神的にもお辛いことと存じます。
私たちの特徴は、手による“触れるレントゲン”で痛みの原因を見付けて、MPF療法(筋肉リハビリ)や東洋医学的なアプローチで根本改善を目指していくところです。

何でもお気軽にご相談くださいませ。

交通事故症例報告

症例① 60代男性 職業 タクシー運転手

来院までの経緯

赤信号で停車中に追突され、直後頚及び左上半身に痛みが現れ整形外科を受診する。
レントゲンでは異常はなく、痛み止めの薬と湿布を渡された。
1週間ほど様子をみたが、症状が緩和せず、次第に左腕や指にかけて痺れも感じるようになり、背中や腰の痛みも出てきた為整骨院を受診されました。

施術1回目

首の筋肉(肩甲挙筋、頚板状筋)と背中(脊柱起立筋)から肩の筋肉(三角筋中部、後部)、腰の筋肉(多裂筋、最長筋、中殿筋)を施術しました。
腰は痛みをかばって生活していた負担がでたようでしたが、一回目で筋肉の張りに減少がみられ痛みも緩和しました。
首、肩のつけねに特に筋肉が硬くなっている所がありそこを重点的に施術していく必要がある旨をお伝えして施術を終えました。

施術2回目

1回目の施術後、左手に出ていた浮腫が減少し左上肢の痛みが軽減したと伝えられました。
引き続き頚部~腰部迄の施術を行い、浅層の筋肉の緊張が軽減してきており、今迄感じていた痛みとは違う痛み、広範囲な痛みから限局的な痛みへと、治癒による症状の変化が生じる事を伝えました。
又次回より、痛みの原因となっている深層部の筋肉のコリへのアプローチを行う事の説明を行い施術を終えました。

施術3回目

前回の施術後、背部~腰部の痛みがだいぶ軽減したと伝えられました。
首から施術していくと、頚部付け根付近で「あっそこ!!」という所があり、約2cm程の大きさでシコリ状に硬くなった筋肉がありました。これが今回事故で負った傷で痛みの原因でした。
そこを施術すると次第に「左手にひびく」ようになって痺れが緩和していきました。

施術4回目以降

ほぼ痛みも無くなり、生活も楽になったと言って頂けました。
シコリ状の筋肉は施術開始からちょうど一ヶ月程かかりましたが、完全にほぐれ痛みは消失し痺れも無くなりました。

交通事故ナビ認定

初めての方は予約優先のためお電話でご予約の上ご来院ください。 TEL 03-5633-7377 受付時間 9:00 - 20:00[ 日曜除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

店舗詳細

わかば整骨院

TEL:03-5633-7377

月~土・・・9:00~12:00 / 15:00~20:00
祝祭日・・・9:00~17:00(昼休みなし)
【休診日】日曜

診療時間
9:00~12:00 ×
15:00~20:00 ×

アクセス

わかば整骨院

〒136-0074
東京都江東区東砂4-23-4
第2菅原ビル1階

都営新宿線東大島駅から徒歩20分/ 東西線南砂町駅から徒歩15分

PAGETOP
Copyright © わかば整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.